講座の概要、クリップ_w60_Clip 講座の概要

5月17日(火)は昨日に引き続き山形県の小売業様(スーパー)の店舗チーフ向けタイプ別コミュニケーション講座で講師を務めました。

本日は会場と参加者を変えて山形市と置賜、白石、若林区七郷の4会場をZOOMでつなぎ、私は昨日同様に自宅からの発信でした。

こちらの会社様でこの形式(複数会場)で行うオンラインタイプ別コミュニケーション講座はこれで4回目、会場が一か所だったときも含めると5回目になります。

今回も運営をお手伝いしてくださった各会場の担当者様のお陰で非常にスムーズに進行できました。皆さん、ありがとうございます。

これまでに講師を務めた【タイプ別コミュニケーション】の研修記事(一部)はこちら
これまに講師を務めた【小売業様】の研修記事(一部)はこちら
これまでに講師を務めた【オンライン研修(ハイブリッド含)】の記事(一部)はこちら

➡ その他のリンク リーダー研修 山形市 山形県

研修レポート-ノートブック_w60-notebook 本日の講師PHOTOレポート

昨日と同じ内容のため本日の掲載はありません。
研修の様子や雰囲気などは昨日の記事をご覧ください。


ワンポイント・ここがポイント_w60-poit 講師から受講者の皆さんへ

「あなたが必要」という頼み方

今日の研修でお話をしたプロモータータイプの方です。圧倒的な事務能力で長い間本当に助けていただきました。年齢的には人生の先輩にあたりますが(実は会社でも相応の役職者です)、とても楽しい洒脱な方なので職場を定年退職して地元仙台を離れた今でも、私が出張で現地を訪れるときには時間をつくって会ったりしています。

私たちは相手に大きな役目をお願いするときには、申し訳ない思いからつい「ごめんね」「悪いね」と平身低頭な謝り方をしてしまいますが、私を含めたプロモータータイプの人は謝られるより”褒められたい、認められたい”がモチベーション。

思い切ってぜひ「あなたの力がぜひ必要」「あなたがいなければこの仕事は成り立たない」と言ってみませんか?熱意のある前向きな言葉が相手の方の心を動かすかもしれません。

研修データ55_w55_roung_calender-clock 本日の研修データ

研修名:店舗チーフ向けタイプ別コミュニケーション研修
タイトル:職場のコミュニケーションを円滑にするタイプ別接し方
対象:店舗のチーフ職の皆さん
目的:職場コミュニケーションの向上
内容:タイプ別コミュニケーション
主催:小売業様
人数:約100名
時間:2時間30分
会場:ZOOMオンライン(会場は小売業様本部会議室、米沢市伝国の杜、仙台市若林区七郷市民センター、白石市ホワイトキューブ)

➡ 2021年の全研修はこちら



参考になった方はクリックをお願いします。
★応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


?ミニエッセイ『講師の本棚』をラインで不定期に配信しています。
  友だち追加


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです