仙台市立愛宕中学校

(画像:Wikipedeiaより)

私は仙台市立愛宕中学校の出身ですが、
父の転勤で2年間福島市に住んでいたので、
中2のときに福島市立岳陽中から転校しました。

 

すると、福島の中学校にはなかった、
「校内合唱コンクール」なるものがあると知り、
仙台はなんて進んでいるんだろう!と思いました。

 

福島は合唱も吹奏楽も盛んな県ですが、
そういった校内行事は当時、自分の中学にはなく、
(たぶん・・・)
クラス対抗で合唱を競うことに驚きました。

 

さて、先月は県内出張が多い月でしたが、
新幹線で移動中に、当時の合唱曲を、
なぜか無性に聞きたくなったんですよね。

 

以前も同じ気持ちになって、
YouTubeを検索してみましたが、
そのときはいい動画があまり見つかりませんでした。

 

でも、あれから、数年。

 

今なら、あるかも?と思って探してみたら、
ありました!懐かしいのが一杯!

 

Amachu1981さんが、中学生の歌声をアップ。
昭和53年の校内コンクールの音声らしいので、
時代感もまさにピッタリですね!

 

そこで今日は、自分のために、
当時の私の中学校の合唱コンコールで、
よく歌われていた曲を掲載したいと思います。

 

貝のファンタジー

私が一番好きだった曲です。
実力のあるクラスがこの曲をよく選んでいた気がします。

海の賛歌

広がりを感じさせる出だしが好きですね。

荒野の歌

曲調が単調であまり好きな曲ではないのですが、
この曲は、福島の中学校で合唱部にいたときの、
その年の自由曲でした。
だから、当時の熊坂先生の練習の思い出が・・・

飛び魚の歌

内容的には悲しい歌で、救いがない歌詞なんですが^^
中間で長調に転調するところが好きです。

遊園地の汽車

岳陽中学校(福島市)の合唱部だった時の、
NHK合唱コンクール課題曲です。
昭和48年だって。はー。私は中学1年。
校内コンクールでは歌われなかったけど思い出用に。

それにしても、あらー、この動画は、
愛宕中の隣の学区ながら向こうはマンモスこっちは弱小で、
私達のひがみの元になるときもあった、
我らが仙台の五橋中じゃないですか!(笑)

大地讃頌

これは妹が中学(中田中)の時の自由曲だったかと。
私の代の校内コンクールでは、
聞いたことがないけど、妹は家で練習してました。

気球に乗ってどこまでも

このブログのために調べたら、
NHKコンクールの小学生のほうの課題曲と知ってびっくり。
妹が中学のときに校内コンクール用に練習していたから、
てっきり中学の課題曲だと思っていました。

小学生の元気な動画が一杯あるけど、
自分にとっては、中学生の歌なので(笑)
「フツーの大人声」のものを貼りました。

おととし、盛岡で、合唱部ネタで盛り上がり、
このメンバーで居酒屋で、
突然のように大合唱したのが最近のいい思い出。

番外編 小学校の部

トランペット吹きながら

私が小学6年生のときのNHKの課題曲。
このあとすぐに三河台小(福島市)に転校しちゃったので、
NHKコンクールは三河台小の合唱部のほうで参加しました。

実写もたくさんあるんだけど、
この声が一番、自分たちの当時の雰囲気を思い出すので、
これにしました。

福島西女から合唱の先生(男性)が何度か指導に来てくれて、
「トランペットの”ペット”を跳ねるように歌おう(撥音)」
と指導されたので、どれを聞いてもそこが気になっちゃうw

イントロのピアノのテンポの速い不協和音がすごく好き。

水玉のふるさと

たぶん小6の合唱部(三河台小)の
NHKコンクール用の自由曲だったと思います。
が、違ったかも。好きな曲です。

夏休みの練習でノブコ先生が、
田村で買って皆に配るロッテのカップアイスが
楽しみでした。あのアイスをすごく覚えてる。

小学6年生のときの合唱部の練習曲です。
NHKコンクールの連日の練習で皆がウンザリしていたとき、
気分転換にこの歌を歌ったらすごくよかったらしい。

それで、先生が、こっちを自由曲にしようか迷いましたが、
毎日、毎日、嫌気がさしていたので、
たまに歌う違う歌が新鮮で見違えるのは当然だと思いますw

アピール度が弱いという理由で、
先生はこれを自由曲にはしなかったけどね。

「河」はどうしても曲名が思い出せなくて、
先日新幹線の中から友人の岡田麗子さんに、
「こういう歌詞の曲、知ってる?」とメッセージ。
でも、なんとか自力でやっと見つけた動画です^^

番外編 中学合唱部練習曲

モスクワ郊外の夕べ

古い音声ですが、まさにこの歌詞でした。
なんて綺麗な曲なんだろうと思ってとても好きでした。
顧問の熊坂先生もきっと好きだったんだと思います。

でも、中学合唱部の練習曲としては?なラブソングですよねw
私達が歌う時は、もうちょっとテンポが速かったです。

手袋(てぶくろ)

題名も歌詞も記憶が曖昧です。
「私のきれいな手袋。赤と青で編んだ手袋。
学校へ行くときも、いつだって・・・」
みたいな歌詞でした。

番外編 もう一度聞いてみたい「夜明けの馬」

NHK「うたはともだち」のオリジナルソング。
※記憶が断片的ですが、⇩は連続した歌詞ではない。
夜明けの浜辺を馬が駆ける、ライラライラライライ
馬を見に行こう、白い馬を、ライラライラライライ
馬が駆けていく、白い馬が、ライラライラライライ
きのうと今日の間を縫って、白い馬が駆け抜ける今(とき?)、
みたいな歌詞。メロディは口ずさめます。

大好きだったんです、この歌。
Yhaoo知恵袋で、初めて「夜明けの馬」という、
曲名だったことが、最近わかりました。

 

----------

書いているうちに、どんどん思い出してきて、
最後にはタイトルから大きく外れてしまいましたね。

 

私は音程が取れないし、声域も狭いし、
はっきりいって、音痴に近いです。

 

なのに、いったい、なんで合唱部なんかに、
入っていたんだろうと思いますが、
ま、要するに好きだったんですよね^^




参考になった方はクリックをお願いします。
★応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


🌻日記をラインで配信しています。登録してね
  友だち追加


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです