市役所様監督者研修_DSC04156

 

10月31日㈬は
市役所の皆さんの
監督者研修を担当しました。

 

現場を取りまとめる
リーダーの皆さんが対象で
次世代を担う戦力を養うために
どうやって部下を育てていくか?
がテーマのOJT研修です。

 

内容は
OJTの重要性を伝える「座学」
人間関係のヒントになる
「タイプ別コミュニケーション」
そして、信頼関係を築き
相手の意欲と行動力を高める
「コーチング」。

 

盛りだくさんだったので
午前の部も午後の部も
それぞれ数分
時間オーバーしてしまいましたが
タイプ別コミュニケーションは
やはりご好評で
午前の部に参加した方のお話を耳にして
午後の部に急きょ参加して下さった
課長さんもいらっしゃいました。

 

そういったお話を伺うと
講師としてはとてもうれしいです。
ありがとうございます。

 

研修では人材育成に力を入れている
民間企業の事例をご紹介したり
演習コーナーでは
私がひとりひとりに質問をしたり・・・

 

今回の皆さんは、どの方も
機転が利いて想像力が高く
「答えが数字になる質問をする」演習では
皆さんが工夫した問いかけを考えてくれました。

 

市役所様監督者研修_DSC04155

 

また、いつものように代表の方と
1対1のロールプレイング行ったり
「座って聴くだけ」の構成にならないように
気を付けながら
指導や会話の重要性などもお伝えいたしました。

 

少しでも指導・育成のヒントになって
技術や知識やノウハウとマインドが
スムーズに継承される
職場風土に貢献できたらいいな
と、心から思いました。

 

市役所様監督者研修_DSC04153

 

これまでに担当したリーダー・管理職研修(一部)はこちら 

 

効果的な部下指導には身近な数字を伝えてね

女性と電球(アイデア)しろまるんどんな仕事でも数値目標は必要ですが、それが組織や人数の多いグループ全体の目標だったりすると、他人事のように感じられて、なかなか行動に直結しませんよね。

ですが、数字の目標はやっぱり大事です。部下に新しく取り組んでもらう業務でも、どうなれば一人前か?を、先輩の言葉でシンプルに伝えてあげると、教わる側も目指す作業のスピード感や習熟の度合いをイメージしやすくなります。

そのためには、ちょっとした作業でも「慣れてきたら30分でできるようになるよ?」とか「1日に100件こなせたら一人前かな」などと、身近な数字を含めて伝達指導をするのがコツだと思います。

事務やサービスの提供など、成果を数値化しにくい場合でも、頭をひねって発想を変えれば、数値化できる項目は必ずあります。

今回は参加者の方から「保育が仕事なので数字の目標が思いつかない」という正直な感想をいただきましたが、お尋ねしてみたところ、新人さんに真っ先に覚えてほしいのは、園児ひとりひとりの顔と名前だそうです。

そしてそこから「×日以内にクラス全員(××名)の顔と名前を一致させる」という数値目標を考えてくれました。素敵ですね。

他の会場で同じ演習をした時にも「一か月以内に300人いる社員全員の顔と名前を覚える」という目標を考えてくれた総務担当の男性の方がいました。その男性の業種は製造業でしたが、総務は駐車場の許可証など個人あてに書類を持っていくことが多いので、一人一人の顔と名前と、どのエリアのどの工程で働いているのかが直感的にわからないと、調べるにも時間がかかってとても大変なのだそうです。

そういわれたら、新人さんは「えーっ!」と思うかもしれませんが、何も言われない場合と比べたら、取り組み姿勢が違って来ると思います。

このブログをお読みの皆さんも、ご自身の職場であなたの業務を後輩が引き継ぐときには、一人前になるための身近な指標をまず一度考えて、それをぜひ数字で伝えてみてくださいね。

(※過去のショートTipsはこちらです) 

 8年ぶりの再会!

今回の研修は参加者を入れ替えて、午前の部と午後の部の二部制でした。

お昼休みを終えて講師席で午後の部を準備をしていると、なにやら私に近づいてくる方が?

お顔を拝見してびっくりー!それはかつてお仕事でお世話になったMさんでした。Mさんは当時の私のお仕事先の担当者さんだったのです。

このブログを書くにあたり、以前いただいた名刺の日付を確認したらなんと8年ぶりの再会でした。

うかがえば前の職場は定年退職されて、数年前からこちらにお勤めとのこと。

何より私の名前を憶えていてくださったこと、そして、わざわざご挨拶をしに来てくださったことがとてもうれしかったです。Mさん、ありがとうございます!

(※過去のこぼれ話はこちらです)

 

 本日の研修について

研修名:監督者研修
タイトル:OJT研修
テーマ:部下指導、部下育成
内容:OJTの重要性、タイプ別コミュニケーション、コーチング
業種:市の職員
対象:主査などの役職者の皆様
人数:午前 約40名 午後 約50名
時間:3時間
会場:庁舎内会議室




参考になった方はクリックをお願いします。
★応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


🌻日記をラインで配信しています。登録してね
  友だち追加


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです