「社員さん」という表現に違和感

 

様々な勉強会で社長と言われる人達の
体験発表などを聞いて感じるのは
社長さん達が自社の社員を
「社員さん」と呼ぶことに
違和感を感じている自分です。

 

これは敬語の発想から来ています。

 

電話応対でもお客様とのトークでも
身内は呼び捨てにするのが習わしです。

 

「社長の〇〇が」
(・・・そのように申しておりました等)

 

「当社の××が」
(そのように対応させていただきました等)

 

そういった言葉のつかい方に慣れていると
社長さん達が、身内である自社の社員を
「社員さん」と、さん付けで呼ぶことに対して
なんとなく違和感を感じてしまうんですよね。

 

敬語におけるルールを勘案した時に
外部の人達に対して自社の社員を
呼び捨てにしないことに
妙な収まりの悪さを感じてしまうのです。

 

マナーに則った言い方をするなら
「当社の(弊社の)社員」と
敬称を付けずに呼ぶべきではないか?と。
(それでいいんじゃないか?と)

 

外部向けのトークでは
自社の社員に「さん」などの
敬称は付けてはいけない、と

 

日頃の感謝を表す一端として
「社員さん」という言い方は
悪くないのかもしれません。

 

ですが、
なんとなく過敏な感じがしたり
発言者に照れや戸惑いや
踏ん切りの悪さを感じたり
そう表現することで
上下関係の揺らぎが気になってしまうのは
あと2年で還暦を迎える
私だけなのかな・・・




参考になった方はクリックをお願いします。
★応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


🌻日記をラインで配信しています。登録してね
  友だち追加


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです