津軽こぎん刺しの化粧ポーチ_20181102_142501

先週の金曜日は山形の芸工大さんで
教職課程を専攻している4年生の学生さんに
タイプ別コミュニケーションとコーチングの
特別授業を行いました。
(ブログはこちら

 

毎年のように学食でお昼を食べ終わり
そのまま仙台に帰ろうとすると
あら、新しくできたのか
または、昨年、気が付かなかったのか
入り口の売店の隣に(中に?)
クラフト品の販売コーナーができていました。

 

山形芸工大のクラフトショップ_20181102_142337

 

こういうのは嫌いじゃないし
可愛い小物があれば
記念に買って帰ろうかな?などと思い
中をのぞいてみると、
店内には絵本や布製品・・・

 

山形芸工大のクラフトショップ_20181102_142356

 

それに伝統工芸品も。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

そしてちょっとオシャレでモダンな
手づくり民芸品などが
きれいにスッキリと
センスよく並べられていました。

 

山形芸工大のクラフトショップ_20181102_142430

 

下の写真はシナ縄の鍋敷きとスゲ縄の鍋敷きです。
私は草木をつかった製品や木工品を見ると
なぜか匂いを嗅ぎたくなるので(笑)
嗅いで見ました。
シナ縄は稲わらに似たニオイ、
スゲ縄は畳のイグサに少しにていたけど
ちょっと違う感じ・・・

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

実はおととし、山形のお仕事先から
山形県木材の鍋敷きをいただいたのですが
うちの夫が鍋に鍋敷きがくっ付いたまま
それに気が付かず、鍋をストーブの上に置いて
鍋敷きを焦がしちゃったんですよね💦
(現物写真はこちら

 

なのでこのF/styleさん
(エフスタイル。新潟の女性二人の工房)
の鍋敷きはいいなーと思いました。
でもごめんなさい。
今回は時間切れで、見るだけでした😅

 

伝統的な染物や織物が現代風になると
素朴で優しいけどオシャレでハイセンス。

 

でもふと思ったんですが
これって無印良品とどこが違うんだろう。
悪気なく極端な考えをすれば
これって100均とどこが違うんだろう。
100均や無印ではなく
これでなくてはならない理由は?

 

誤解を恐れずに言えば
つかう側にとっては
伝統工芸であってもなくても
生活にはさほど関わりのないことで
同じ機能で似た風合いのものが
100円または数百円で手に入るなら
そっちのほうが経済的。

 

だからふと、これらは誰が
どんな思いで買うんだろう?と
思ってしまいました。
本当はものすごく
差があるのかもしれないけど
そこは暮らしと無関係なところかも。

 

芸工大クラフトショップ「亀田縞のティッシュカバー」_20181102_142526

亀田縞のティッシュカバー

 

棚を眺めていくと津軽のこぎん刺しの
とても素敵な化粧ポーチがありました!
うわー、これ、いいなー
でもお値段をみると「え!5500円!!」
た、た、高い・・・

 

芸工大クラフトショップ「津軽こぎん刺し化粧ポーチ」_20181102_142501

 

もっと安いのないかな?などと(笑)
別な商品も手に取ってみたりして・・・
(こちらは3600円)

 

芸工大クラフトショップ「津軽こぎん刺し化粧ポーチ」_20181102_142449

 

刺し子はとても手間がかかり
ひとつつくるのにも時間を要するので
時給換算というドライな発想をすれば
本当はこの金額でも安いと思います。

 

でも刺し子って本当は
決して豊かではない東北の農村で
薄くなった野良着の肘や膝の
補強のために生まれたんですよね。

 

新品を買わずにひと目ひと目に針を刺して
刷れやすい部分の生地を頑丈にして
作業着や衣服を長持ちさせたようです。
(新品を買えないから時間をかけて手縫い)

 

なので元々は節約のための技術だったのに
それを今、商品として売っていこうとすると
生活感とかけ離れた金額になってしまうことに
ちょっとちぐはぐな感じがしたんです。
ホントはアートやクラフトじゃなくて
日用雑貨だよね?って。

 

いまや、生活の中に大きなニーズがないものを
それなりのお値段で売っていくためには
よっぽど機能が優れている、とか
メチャメチャ、ブランド価値がある、とか
または特定の人達に
「それでなくてはならない強い理由がある」とか
”圧倒的に”突出した付加価値がないと
難しいだろうなぁなどと
難しいことを考えながら
商品群を見渡してしまいました。

 

ちなみに、こんなことを考えたのは
先月訪れた庄内で、たまたま
男性刺し子作家さん(刺し勇さん)から
「刺し子は農民の生地補強の手段だった」
というお話を初めて聞いて知ったから。
そうか、多くの伝統工芸は
元々、貧しさをベースにしている
苦肉の自給自足の手段なんだな、と思ったから。

 

先ほどの亀田縞の説明も
もう一度よく読んでみたら
「農家の自給自足として織られていた」
と書いてありました。納得。

 

でも頑張って自給自足するよりも
海外製の製品を買った方が
ずーーーーーっと安く済む現在。
(エプロンを自作しようと思うも
材料代の高さに驚きあきらめた私。
しまむらで買うより3~4倍かかる)

 

伝統技術を大切に
守っている方には申し訳ないけど
生まれるのも定め、消えるのも定め、と
仏教の定命(じょうみょう)のような
ことを思ってしまいました・・・

 

芸工大クラフトショップ「亀田縞」_20181102_142529

 

最後に余談になりますが、
個人的には津軽こぎん刺しだけでなく
日本の三大刺し子のひとつといわれる
庄内刺し子もショップに置いてほしいなぁ
と思いました。
だって、ここは山形だから。




参考になった方はクリックをお願いします。
★応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


🌻日記をラインで配信しています。登録してね
  友だち追加


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです