ハラスメント防止研修(公的医療機関)_DSC00027

講座の概要、クリップ_w60_Clip 講座の概要

2019年7月27日(土)は
公的医療機関の
中堅職員の皆様を対象にした
ハラスメント防止研修で
講師を務めました。

こちらでは昨年
タイプ別コミュニケーションの
研修をさせていただきました。

それを踏まえたうえで
行き過ぎのない節度ある
コミュニケーションによる
良好な職場環境の構築を目標に
今年はハラスメント防止について
お話をさせていただきました。

過去のハラスメント防止研修の記事はこちらをご覧ください

研修レポート-ノートブック_w60-notebook 本日の講師レポート

▼本日の研修会場はJA福島ビルです。
JA福島ビル_20190727_082738

▼前回(昨年)の復習もかねてタイプ別コミュニケーションについても再度説明。
ハラスメント防止研修(公的医療機関)_DSC00037

▼パワハラ、セクハラ、マタハラ等の定義や、パワハラ・セクハラの判例、そして動画や事例紹介などでハラスメント防止について解説させていただきました。
ハラスメント防止研修(公的医療機関)_DSC00029

▼10階建ての会場からは信夫山がよく見えました。
信夫山(福島市)_20190727_122959

ここがポイント_w60-poit 受講者の皆さんへ

職場におけるセクシュアルハラスメント防止に向けて.mp4_000208508

研修でもお話しましたが、私の息子は元々細身の体格で大きな手術をしたこともあり、職場で女性から「痩せている」「ガリガリ」と言われることが多いそうです。ですがそのたびに本人はけっこう傷ついているようなんです。男の人は筋肉に永遠のあこがれがあるようなので、男性に「痩せている」と連呼することは、女性に「太っている」と言うのと同じぐらいのダメージがあるのかもしれません。

実は女性から男性へのセクハラの訴えも近年増えており、全体の1割を占めます。上の画像は厚生労働省が提供してるセクハラ防止動画の一場面で、該当のシーンはこちらから視聴できますが、このビデオではこういったケースもセクハラとされています。もしここに上下関係があればそれはパワハラの「個の侵害」にも相当しますよね。交際相手の有無など限度を超えて相手のプライバシーに立ち入ることがないよう、節度を持ったコミュニケーションが重要だと思います。

研修データ55_w55_roung_calender-clock 本日の研修データ

研修名:2019年度中堅職員研修会
タイトル:職場のコミュニケーション研修~ハラスメントを防ぐために~
目的:職場の良好な人間関係の形成、職場環境の構 築を図 り、職員の離職防止などに繋げていくことを目的として開催
内容:ハラスメントを取り巻く現状、各ハラスメントの定義・判例・具体例(動画)、防止の考え方
主催:公的医療機関様
人数
:約150名
時間:4時間
会場:JA福島ビル




参考になった方はクリックをお願いします。
★応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


🌻日記をラインで配信しています。登録してね
  友だち追加


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです