比喩で言っているのではありません。

今日は本当に地図が欲しくて書店に行きました。

たまたま所用で街場に出て来たので、ルート的に一番立ち寄りやすい金港堂書店さんに立ち寄りました。

▼金港堂 本店

金港堂さんは昔からある仙台の老舗です。

高山書店も宝文堂も
アイエ書店も協同書店も今はもうないのに
昔と同じたたずまいのまま
サンモール一番町で今も健在なのはすごいです。

▼地図コーナーは階段の踊り場です。(許可を得て撮影)

お店に行きたいならGoogleマップがあります。
車で移動するならナビがあります。

でも、広範囲を一回の視野で
同じ精度でパッと見で一瞥できるのは
やっぱり紙製の地図なんですよ。

(関連記事)月山道路で鶴岡出張。ななかまど亭でそば、酔っぱで懇親会、そして夜中に地図を買いに八文字屋へ(山形県鶴岡市)
(関連記事)月山道路で仙台に帰る。櫛引PAでお土産を買い寒河江SAで必要のない地図を買い最後はイオン鈎取店(山形県鶴岡市)

▼宮城県の地図

なんでもかんでもインターネットの世の中だけど
アナログのよさって絶対ある。
「強み」と言い換えてもいいのかもしれませんね。







参考になった方はクリックをお願いします。
★応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


?ミニエッセイ『講師の本棚』をラインで不定期に配信しています。
  友だち追加


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです