アクセス解析

タイプ別マネジメント

trim_DSC00827

詳しくはこちら

電話応対研修

trim_DSC02442

詳しくはこちら

社員指導・業務指導

trim_jimdoHP_DSC00916

詳しくはこちら

法人様の社員指導と、研修・講演を承っている笹崎久美子です

電気工事会社様定例メンタルヘルス研修

法人様の社員指導と、各種研修・講演の講師をお引き受けしている仙台の人材育成コンサルタント/社員教育トレーナーの笹崎久美子です。多くの現場経験と高い実績とコーチングのスキルを活かした”優しく厳しい”人材育成に関わって15年が過ぎました。

若い頃(デザイナー、コピーライター)は自分の能力やキャリアに悩み、夫と共に立ち上げた自営業(写植・版下)時代は、クライアントさんの容赦ない要求と納期に悩み、製造業マネージャーになってからは契約スタッフの勤怠に悩み、コールセンター統括リーダーのときはスタッフの資質・能力とクレーム対応に悩んできました。

ですが、それらはすべて、今の自分なら解決できるのではないかと考え始めています。失敗と成功が山のように積み重なる数々の経験と、崖っぷちに立たされるたびに必死で学んできた知識、そして、関わったすべての皆さんを幸せな仕事人にしたい熱い思いと笑顔の愛が、御社の人材育成と業績向上の力になれることを常に願って、日々、出講しています。

 

社員指導をアウトソーシングするメリットは?

社内研修や人材育成の内製化を進め、経費の削減を試みる会社さんが増えています。何事も、「人に教えることで身に付く」ものなので、私は指導者を育成するためにはとてもいいことだと考えています。私自身も社内インストラクターを長く務めてきたことで、今のスキルが身に付きました。

ですが昨今は、将来が期待できる有望な人材でありながら、責任や役割を与えると、負担を嫌い簡単に辞めてしまう場合や、一過性の施策で終わってしまい、役割が継続せず学びの輪がうまく循環しないケースもあります。

プロの人材育成者は、人の気持ちを前向きにしてグループやチームの意識を変えるのも仕事のひとつ。どんな状況でも柔軟に対応できるノウハウと経験を豊富に持っています。

人材育成と社員指導の道を歩いてきた専門家には、山のような失敗と成功を経て確立した、豊富な知見があると思っていただければ幸いですし、そういった外部の力を活用して人材育成を推進していくのもひとつの方法であることを、皆さまにはここで提案したいです。

 

1.同じことでも他人が言うと聞いてもらえる・・・?

製造業様 定期リーダー研修

経営者や部門長の方が、幾度となく口を酸っぱくして言っても、社員やスタッフの方にはなかなかわかってもらえない、ということがありますよね。「あ、また社長の説教が始まった」「口癖だから放っておけ」そんな風に言われているのを薄々わかっていながら、それでも言わずにはいられない。「ここか改善されないと当社に未来はないんだ」「なぜわかってくれないんだ?」常にその思いを抱えて深く逡巡されていらっしゃるのが、上に立つ人の真実だと思います。

その思いを試しに笹崎に託してみませんか?社員やスタッフの方は、新たな学びの機会が提供されると新鮮な気持ちになりますし、外部講師に対しては、居住まいを正して素直に耳を傾けてくれるものです。人材育成や社員教育では、そういった環境の変化や専門家の力もおおいに効果的です。

 

 

2.指導のプロには実績を上げるノウハウがあります

職業訓練校様 会員企業合同新入社員研修

人を成長させるためには、指導者としての心のあり方と多くの指導経験、そして成長させるためのノウハウが必要です。私は前職はプロバイダーのコールセンターですが、統括スーパーバイザーとして部門の企画運営を行いながら、多くのスタッフの新人研修・指導・育成に関わると共に、面接・人選・採用にも深く関わってきました。

経営のプロ・売上アップのプロである経営者の皆様と、人材育成のプロでは、目指すところが同じでも、手法やマインドに違いがあるかもしれません。外部講師はそういった、創業者様、経営者様、部門長様が苦手とされるところを一手に引き受け、経験に培われたノウハウで、確実に人を育てていく専門家ととらえていただくとよいかもしれません。

マスメディアに登場するような人気講師には及びませんが、様々な業種・業態で30社以上のクライアント様に地道な指導を行い成果を上げてきた実績と、年間100か所以上の研修・講演実績が、私に有形無形のノウハウを授けてくれました。その経験を貴重に感じてくださる方なら、ぜひ一度、お目にかかってみたいですし、普段のご苦労をお聞きしたいです。

私がこれまでの指導者人生の中で、困ったことや、クリアできた方法などをお話しできればいいですね。

 

 

3.予算をかけるのもひとつの方法です

製造業様 コミュニケーション研修

ESとは、「Employee Satisfaction」の略で従業員満足度のことです。”ESなくしてCSなし”と言われるように、お客様に満足していただくためには、従業員満足度を高めないと、顧客に良質なサービスや商品を提供できないという考え方が主流になってきています。

私は、会社員だったときに、外部研修に参加してほしいと言われて、非常にモチベーションが上がりました。会社が自分に予算をかけてくれているんだと思うと、実績を正当に評価されている思いや、リーダーとして認められている充実感が募りました。

すでに内外の研修を十分に活用されている会社さんであれば状況が異なるかもしれませんが、私のいた会社は今までそういった施策を一切行っていなかったので、会社で初めて導入する外部研修の第一期生に選ばれたことがとてもうれしかったのです。

もちろん、中には、そういったことに負荷を感じて嫌悪感を抱く方もいらっしゃると思います。ですが、社員・スタッフへの不満をベースにした上からのお仕着せではなく、現場のニーズに耳を傾け、社員やスタッフの皆さんが、心から「勉強したい」と思っている内容であれば、その限りではありません。

困りごとに直面して悩んでいる声を聞き取り、その解決策として外部講師の指導や研修を導入することは、社員・スタッフを大切に尊重している現れでもあり、正しいプロセスを踏めば、労使の意思疎通や、従業員満足度の向上につながります。外部指導者の導入を最初に決定されるのは権限のある方であっても、方向性や具体的な内容は受講される皆さんと話し合いの場をもつことを、ぜひお勧めします。それによって、受講者の「やらされ感」が消え、徐々に意識も変わっていくものです。

 

 

個人事業主です。「属人的」のいいところ

地方自治体職員組合様 タイプ別コミュニケーション研修

私、笹崎久美子はフリーランスの個人事業主です。専門の研修会社や大手コンサル会社と異なる点をひとつあげるなら、指導の手法もマインドも進め方も、いい意味で属人的であり、人情的であることではないでしょうか。

大手の研修会社は研修内容がパッケージ化されていることが多いですし、コンサル会社は「人」ではなく「数字・売上・収益」に重きをおいているため、育成の手法に関しては、個々の感情の機敏や、相性の有無があるように感じます。

一個人であることの最大の強みは、①様々なリクエストに素早く柔軟に対応できること、②クライアント様の業務と現状に特化した内容をピンポイントで提供できること、③担当者によるばらつきがなく常に講師のキャリアを生かした指導ができること、だと考えています。

どちらかと言えば、庶民派タイプの私です。外部からおっかさん、または、お姐さん的なキャラクターの女性指導者が定期的に訪れて、暖かい信頼関係を築きながら社員の気持ちと実力を確実に上げて行ってくれる。大切な社員の皆様にそんな関わり方を希望される方は、ぜひご連絡をいただければ幸いです。

 

 

 【内緒のウラ話】指導者は女性のほうがいいこともある?

女性が多い法人様の女性社員を対象とした指導や研修だけでなく、意外にも男性が多い業種様の指導・研修も女性講師のほうが実績を上げられるケースが多くあります。男性の皆さんは、実はちょっとプライドが高いので、斜に構えたり、同じ男性の言葉を素直に受け入れられない場合があります。その会社様の社風にもよりますが、新しい施策に否定的だったり、後ろ向きな方が多い法人様は、年上の女性講師のほうが効果を上げられることも多いんですよ!