ある商品が不良品だったので、交換品を送ってもらったら、
メーカーさんから写真のようなお知らせが入っていました。

 

通常、不具合品は製品改良のために
回収をお願いさせていただいておりますが、
ご申告いただきました不具合品に関しての
返送は不要となりました。

 

ん?

 

「お願いさせていただいておりますが」
ですって???

 

す、すごいですね・・・
丁寧すぎて、個人的には違和感を覚えます。
こ、こ、これは二重敬語(三重?)にならないの?
(未確認^^)

 

この場合は、普通に、
「お願いしておりますが」でよいのでは?
それよりも何よりも、この言い回しに、
不自然な感じを持たないのかなぁ。。。

 

これとは別の話ですが、
よくあるNG敬語として、
・読まさせていただきます
・歌わさせていただきます
・置かさせていただきます
・休まさせていただきます
・帰らさせていただきます
・伺わせていただきます

 

などは、「さ入れ言葉」と言いまして、
本来は間違った使い方なのですが、
正しいか、間違いか?というよりも前に、
発音しにくく、語感もよくないので、
(滑舌上、とても言いにくい)
自分にはとても田舎臭い表現のように感じます。
イメージとしては、地方の議員さんとか、演歌歌手?
私は素でも使わない言い回しですが、
若い人は違和感がないのかなぁ、ないんだよね。

 

「休まさせる」「帰らさせる」「伺わさせる」
に関しては、今から22年前の、
平成8年度「国語に関する世論調査」の結果について
でもすでに、50パーセント以上の人が、
気にならない、と答えているので、
今はもっと割合が増えているんでしょうね。

 

またその前年の、
平成7年度「国語に関する世論調査」の結果について では、
・おめしあがりください
・お帰りになられました
・おっしゃられた
などの二重敬語(本来はNG)に関しても、
気にならない人が増えている点が言及されています。

 

私はそれらと全く同じ感覚で、先ほどの、
「お願いさせていただいておりますが」
にも、垢抜けない印象を感じてしまうのですが、
ちゃんとした会社の公的な文面で、
こうやって書いてくるのですから、
疑問を持たない人が増えているんでしょうね。

 

言葉の世界は時代と共に
多数派が主導権を奪っていくので、
やがて、私と似た感覚の人は、
同世代かそれ以上ということになり、
「それっておかしいんじゃないの?」と疑問を呈しても、
「どこが?」と言われちゃうのかもしれませんね。

 

でも、私のイメージとしては、
「さ入れ言葉」も「二重敬語」も、
「お願いさせていただいておりますが」も、
腰は低くて丁寧だけど、中味はそれほど洗練されていない、
地方の議員さん、演歌歌手、そして加えて言えば、
営業スタイルがこびへつらい系の中堅男性営業マン?(笑)
そんなイメージがすごく強いです
(実際にそういう知人が一杯いるので笑)

 

最近の敬語の変化を考えると、
何かを省略して短くするよりも、
敬語的な表現を一杯くっつけて連結して、
言い回しの長さで敬意を表すような、
そういう方向に変わってきていると思います。

 

あっさりシンプルに伝えてしまうと、
そっけなくて心がこもっていないような
印象を与えてしまうので、
頑張って一生懸命丁寧にしているんだと思いますが、
ここまでいくと、逆に浅い感じがしてしまって(笑)
若い人が書いているのかなぁ・・・なんて、
思ってしまいますよね。

 

だって、日常的に文章を書いているような、
私と同世代か、それ以上の人達は、
絶対、しない表現だと思うもんねー。




参考になった方はクリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


◎笹崎久美子が運営/記事作成をしている外部サイトです