今日は一関市の川崎市民センターで、
『女性キャリアップセミナー(管理職向け)』を行いました。

 

この研修をお引き受けするのは、今年で3年目。
一関市の主催で、委託事業者は東磐職業訓練協会さん。

 

対象は、一関市内の企業や団体にお勤めの女性ですが、
管理職であるかどうかには、
厳密にこだわっていないので、
職場でリーダー的なポジションにある方や、
社内事業の推進役を担当されている方など、
色々な方に参加していただきました。

 

ざっくりとした内容は以下になります。

 

①女性のリーダーシップについて
②タイプ別コミュニケーション
③コーチングについて
④アイデア発想と課題解決

 

*    *    *    *

 

研修の中ではお話しませんでしたが、
この内容の研修を行うときに、
いつも思い出すことがあります。

 

それは今から10年以上も前、
私がまだ会社員だった時に、
個人的に自費で受講した女性リーダー研修で、
ある参加者(女性公務員)の方が、
自己紹介で、こんな風に言ったことです。

 

「私はいま、〇〇(職位)で、
給料は〇〇円(←高い!)です。
私の職場は本当に男社会で、
毎日が戦いでした。
負けたくない一心で、
男性と同等以上に頑張ってきて、
足を引っ張られたり、
嫌がらせも一杯されました。
でも、今は色々言ってくる人がいたら、
自分のお給料が(勝負の)結果だと思うし、
堂々とそれを相手に言いたい。」

 

もう記憶が曖昧なので、
正確な表現は忘れてしまいましたが、
そういった主旨の体験談だったと思います。

 

そのときは、自分のお給料と比較して、
「すごいなぁ・・・」とうらやましく感じ、
「優秀な人なんだなぁ」と思いましたが、
時間が経つうちに、「この人は敵も多いのでは?」
と、思うようになりました。

 

対決姿勢を顕わにすると、相手も頑なになりますよね。
女性がリーダーとしてやっていくには、
敵を作るよりも、味方を増やすアプローチのほうが、
効果的なシーンも多いですし、そのほうが、
職場の雰囲気もよくなるのでは?と、今は思っています。

 

「押してもダメなら引いてみろ」というように、
ときには、手ごわい相手の価値を認め、
自分のブレーンとして取り込む手法も必要ですよね。
それは異性間にとどまらず、価値観の違う同士でも同じはず。

 

今回のセミナーは、そういったときに役立つ、
相互理解・相互承認の考え方や進め方をベースにしました。

 

ちなみに、彼女とはその後、友達になり、
本当は、家族思いの優しい人であることがわかりました。
そんな彼女が、攻撃的な発言をするぐらいなので、
やはり、実際には悔しいことが多かったのだと思います。

 

 

*    *    *    *

 

さて仕事柄、色々な階層別研修を行うことがありますが、
役職の有無を問わず、女性だけの研修は、
本当に活気があって賑やかですね!
アイスブレークで、ちょっと自己紹介コーナーを設けるだけでも、
あっという間に、場が温まります。

 

 

セミナーでは、代表の方に、
私とデモンストレーションを行っていただいたり・・・

 

 

参加者同士が、ロールプレイングを何度も行ったり・・・

 

 

研修ではありますが、初対面の方と十分に言葉を交わし、
笑ったり、盛り上がったり、頷きあったりしながら、
あっという間の熱い1日を過ごすことが出来ました。

 

受講の皆さん、本日はありがとうございます。
皆さんのパワフルなエネルギーに感服いたしました!!

 

女の人のコミュケーション能力って、やっぱり素敵です。
男性の皆さん、それっておおいに「買い」だと思いますよー!!

 

 




事業名:一関市 女性キャリアアップ支援事業
本日のタイトル:「女性キャリアアップセミナー(管理者向け)~リーダーとして活躍するために必要なこと~」
テーマ:タイプ別コミュニケーション、コーチング、アイデア発想・問題解決
人数:約30名
会場:一関市川崎市民センター
時間:9:00~16:30(昼休憩1時間)
対象者:公募 一関市内に勤務先のある管理者または管理者候補の女性社員の方
主催:一関市 (委託:東磐職業訓練協会)

 

募集時のチラシ

 

 

私は、隣県であれば、ほとんど車で行きます。

 

仙台市太白区にあるオフィスや自宅から、
一関市川崎に向かう時には、
東北自動車道を若柳・金成インターで降りて、
花泉町(はないずみまち)→弥栄町(やさかえちょう)
を経由しますが、本日の弥栄はすごい霧でした。

 

最初はどこかで何を燃やしているのではないか?
と、思ったぐらいです。

 

 

 




参考になった方はクリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


◎広報支援事業部門 運用サイト